「鬱かな」という心の叫びに答える自分

鬱かな

 

 

 

 

寒い季節、体調管理はいかがでしょうか?

 

 

体調管理をマニアックに考えると、

 

精神面も管理するということになります。

 

そこで体が弱ってくると心も弱ってきて、

 

時には「鬱かな」と思う時もあるかと思います。

 

 

 

そこで鬱かなと思う時の心の動きに関して考えてみます。

 

 

 

鬱かなって思う時は大概、

 

疲労の限界に達している時です。

 

体と心の疲労が溜まり込んで、

 

疲労の溜まり場が無い状態です。

 

その為、気落ちして鬱かなという言葉で

 

外に吐き出されるのです。

 

 

 

そういう時は素直に休暇を作りましょう。

 

少しの間何もしない時間を作ることで、

 

自然に疲労が浄化していきます。

 

「鬱かな」という心の声は重要な危険信号です。

 

 

 

もし仮に鬱かなというシグナルを無視すると、

 

本当に鬱になる可能性があります。

 

なので、鬱かなという声を聞き逃してはいけません。

 

 

 

もし忙しい時期に鬱かなという状態になった時は休暇は取れません。

 

そういう時は”リラックスタイム”を作って下さい。

 

 

 

お酒を楽しむ時間を作ったり、

 

入浴で体の芯から開放的になるまで長風呂をしたり、

 

「鬱かな」という言葉にどうにか答えてみて下さい。

 

 

 

まとまった休みが取れなくても、

 

少しずつリラックスすることで体は元気でいられます。

 

 

自分が元気でいられる”素”を

 

少しずつでも取っていれば鬱にはなることはないでしょう。

 

 

 

しかし、絶対にしてはいけないことは

 

鬱かなという声に”何もしない”ことです。

 

それは鬱になるまで突っ走ることを意味します。

 

 

 

どんなに忙しい時でも

 

心の声に耳を傾ける余裕を持つようにしましょう。


TOPへ