うつ病を甘えというより、イエローカードと見る

 

 

 

 

うつ病に対する社会の懸念がある一方、うつ病患者は甘

 

えなどと誹謗中傷する声も中にはある。

 

 

 

一体どういうことなのだろうか?

 

 

 

うつ病患者を甘えと決めつけている方の声に耳を傾けて

 

みよう。

 

 

「うつ病はただの甘えで、みんなストレスを抱えてやっている」

 

という内容が大筋である。

 

 

 

私も以前まで、この問題には一切関心がなかったのは本

 

音である。

 

つまりうつ病患者に嘘も本当も無いと信じていたからだ。

 

 

 

 

例えて言うなら救急車で運ばれているケガ人に対して、

 

「本当は歩ける癖に」と言っているような

 

感じに見えてしまう。

 

 

 

 

私自身もうつ病とまでは行かないものの、燃え尽き症候

 

群のような症状にはかかった事があったので、

 

うつ病はもっと苦しいんだろうなと思う位だった。甘え

 

などという文字は当然浮かばない。

 

 

 

 

では私とうつ病を甘えと認識している人達との間に何が

 

あるのか考えていくと、うつ病に対する認識力といえます。

 

 

 

まだまだうつ病に対する理解が足りない

 

 

 

うつ病は気持ちの沈みというより、脳内物質の異常とい

 

う事をまずは強調したい。

 

 

 

 

そして大切なことは、うつ病患者の多くは自分に厳しく、

 

真面目な性分な為に発症したことを

 

認識しなければならない。

 

 

 

 

つまり甘えなどと称されるような怠けた人たちではなか

 

ったということである。

 

 

 

 

私はこういったうつ病への認識は、日常的な生活の中で

 

自然に培われてきた。特別に勉強したわけではない。

 

だが甘えと言ってしまうのも、個人の勉強不足とも言い

 

難い。

 

 

 

 

社会全体がうつ病に対して少し無関心であるという事も

 

言える。

 

 

 

 

うつ病は社会で発生している事なのに、社会はいまいち

 

黙秘し続けている気はする。

 

特別な人がうつ病になってしまう、という偏見もあると思う。

 

 

 

 

そういう認識では確かに、甘えという声が聞こえてくる

 

のも理解できる。

 

 

 

 

このうつ病という社会性の病気を、一種の警告として捉

 

えると甘えという言葉は出てこないと思う。

 

このストレス社会が生み出したイエローカードと見ると、

 

どうだろうか?

 

 

 

 

氷山の一角が見えて、社会は少し危険なのではと、見え

 

て来やしないだろうか?

 

 

 

 

甘えという言葉よりも、自分も気を付けようと思えるよ

 

うな見方の方が、社会の連帯性を保つことが

 

出来ることでしょう。


TOPへ