食欲の秋、読書の秋、そして・・うつの秋?!

うつ, 秋

 

 

 

 

よくこんな話を耳にすることがあります。

 

季節の変わり目である”秋口”に気持ちがどんどん下がっていき、

 

冬には「うつ」っぽくなってしまうという話です。

 

 

 

うつにまでいってしまうのかと驚かれることでしょう。

 

それには訳があり、秋口からかかってしまうことがポイントです。

 

 

 

この症状は季節性のうつ病で秋から発症して行く性質があります。

 

そこで気を付けたいことは、通常のうつとは症状が”違う”ため

 

なかなか自覚できないことです。

 

 

 

主な症状は、過食や過眠といった通常のうつとは”真逆”の性質です。

 

では何故、秋頃から発症するのでしょうか?

 

 

 

その原因は外気温の低下と日照時間が短くなるからです。

 

気温が落ちると同時に気持ちも落ちていき、

 

日照時間が短くなると日に当たる時間も短くなるため、

 

体内リズムが狂ってしまい

 

脳内のセロトニンは減少するためと言われています。

 

 

 

 

尚、緯度が高い国では元から日照時間が短いので

 

うつが起こりやすいことも報告されています。

 

 

 

この性質からにかかってしまうのです。

 

 

 

世間一般的には、食欲の秋、

 

何か新しいことをする秋という印象がありますが、

 

うつの秋という認識はありませんし、うつの秋にしてはいけません。

 

 

そこで秋頃になって始めたいことは「散歩」です。

 

 

 

休日にでも”日中”に散歩をして日光に浴び、体内リズムを修正して

 

うつにならないようにしたいですね。

 

 

 

そして、もし仮にこの季節性のうつになっても、

 

気温が上がる春には治るので

 

問題はありません。


TOPへ