コーヒーはうつ病にいいの?ダメなの?どっち?

 

 

 

 

 

うつ病の方はコーヒーの量を調節しよう

 

 

 

うつ病でお困りな方が

 

多いと思います。

 

 

 

 

うつ病気味でお仕事を

 

されている方は、

 

特に集中力が

 

求められることでしょう。

 

 

 

 

仕事の最中で集中力を

 

高めるのに”コーヒー

 

をお飲みになる方も

 

いらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

しかし、巷の噂で

 

うつ病でコーヒーを

 

飲むと悪化すると聞きます。

 

 

 

 

それは一体どういう

 

ことなのでしょうか

 

 

 

 

そもそもうつ病は

 

脳内の神経伝達物質が

 

悪くなるので起こります。

 

 

 

 

その物質とは

 

「アドレナリン」

 

「セロトニン」です。

 

 

 

 

この物質は我々の体の

 

機能を正常に

 

働かせているのです。

 

 

 

睡眠であったり、

 

体温調節など・・・。

 

 

 

 

そこにコーヒーの

 

カフェインが体内に

 

取り込まれると

 

大変な事になるのです。

 

 

 

 

コーヒーのカフェインは

 

神経伝達物質の

 

アドレナリンを刺激する

 

作用があります。

 

 

 

 

そのアドレナリンの作用で

 

集中力が高まるのです。

 

 

 

しかし、うつ病の方が

 

コーヒーを飲むと、

 

 

 

ただでさえ神経伝達物質の

 

制御が出来ていない

 

状況の中で

 

アドレナリンを

 

刺激することになります。

 

 

 

 

そうなると本当に

 

制御不能に陥る為、

 

コーヒーの摂取を

 

控えるべきだと

 

言われているのです。

 

 

 

うつ病とコーヒーには

 

こんな関係があったのです。

 

 

 

しかし、生きて行く為

 

には仕事を遂行しなければ

 

生きて行けません。

 

 

 

 

うつ病気味で

 

あるのなら仕事は

 

不可欠です。

 

 

 

 

そこでうつ病の方でも

 

薄目のコーヒーや、

 

1~2杯のコーヒーなら

 

問題は無いと思います

 

 

 

 

うつ病の方はコーヒーを

 

飲み過ぎないように

 

しようという自覚が

 

あれば十分です。

 

 

 

 

しかし、うつ病が

 

進行していると

 

感じたら控える

 

ようにしましょう。


TOPへ