うつ病とアルコールは密接な関係を持ってしまいます

 

 

 

 

 

 

うつ病と付き合っていく上で大切な事があります。

 

それはアルコールとの関係です。

 

 

 

うつ病とアルコールは密接な関係を持ってしまいます。

 

 

 

うつ病からアルコール依存症も併発してしまい、体や心に

 

大きな悪影響をもたらします。

 

 

 

反対にアルコール依存性からうつ病にもなってしまうケースも

 

非常に多く、このうつ病とアルコールの関係は気をつけなければ

 

いけません。

 

 

 

 

では何故うつ病の人がアルコールを摂取する事が悪いのでしょうか?

 

それはうつ病の治療に使う薬との相性が非常に悪いとされている

 

からです。

 

 

 

うつ病の治療で処方される抗うつ剤は、アルコールの摂取により

 

効果が増幅されてしまいます。

 

その為、身体に大きな負担や悪影響を及ぼし治療が中々進まない

 

と言われています。

 

 

 

 

また、うつ病の薬を飲んでいるのにアルコールを摂取して

 

いると、睡眠を妨げてしまいうつ病の症状を増幅させて

 

しまいます。

 

 

精神的に辛いので、ついアルコールを飲んでごまかしてしまうと

 

言う事があります。

 

 

 

しかし、アルコールの摂取をやめない限り病状が回復に向かう

 

事はありません。

 

それどころか、どんどん悪化してしまう事になりますし

 

アルコール依存性にもなってしまいます。

 

 

 

 

うつ病は本当に良い状態の睡眠が取れない事が多いのですが、

 

薬とアルコールとの悪影響により、更に睡眠の質を悪くして

 

しまいます。

 

 

 

そんな大切なことですが、医師によっては本人に任せる

 

医師もいます。

 

絶対に飲んではいけないと言うことで、患者を追い込んでは

 

いけないという配慮もあるかも知れません。

 

しかし、少しでも早く治したいと思えば絶対に飲まないこと

 

です。

 

 

 

 

どうしてもお酒を絶つことが出来ないのであれば、通っている

 

病院の先生に相談する事も大事だと思います。


TOPへ