うつ病と家系は個人対応で終息

うつ,家系

 

 

 

うつ病と家系は個人対応で終息

 

 

 

 

世の中には様々な悩みや相談事は山のように溢れている

 

と思います。そこで今回、うつ病と家系についての関連

 

性について言及したいと思います。

 

 

 

 

 

うつ病は家系からの遺伝要素が大きく、絶対に治らない

 

ものという声もありますが、完治した例は多くあります

 

ので不治の病ではないです。そもそもうつ病を起こす要

 

因として家系に焦点が当てられるのは、似たような性格

 

が絡んでいるとも言われるのが大きいです。

 

 

 

 

統計から見ると、両親のどちらかが発病した場合でも、

 

その子供が発症する率は24%となっているので、うつ

 

病に家系の連鎖率があるとは言い難いです。

 

 

 

 

 

それでもうつ病と家系で連鎖があるとするならば、性分

 

を努力で直して前向きな姿勢でいる事にすると良いでしょう。

 

 

 

 

例えば、家系にうつ病の方がいたとしても、自分に強い

 

意志を持って、頑固と呼ばれようが同化しない工夫は出

 

来ると思います。逆に家系にうつのような空気があった

 

場合、自分が深く物事を勉強し、家系に教養という光を

 

与えて変えていく力も大切な事です。

 

 

 

 

つまり、家系がうつの流れという型にはまらず、一人の

 

人間の個人として対応していけば問題はないと思います。

 

 

 

 

 

でも肝心なところは、その流れの中で、例え医学的に家

 

系とうつ病に関連があったとしても、自分のライフスタ

 

イルによって生命を活性化させて連鎖を途絶えさせると

 

いう信念を持つことでしょう。。

 

 

 

 

 

肉体を鍛えて、精神的にも浄化されて、自分の血統を変

 

えるのも一つの手です。

 

 

 

 

 

ですが気持ちは清々しく行きましょう。うつ病と家系の

 

繋がりと戦うというよりも、事実を受け入れた上で、自

 

分の行動の+αで軌道修正していくようなイメージが良

 

いと思います。


TOPへ