最近、うつ病とadhdとの関係性が話題になりつつあります

 

 

 

 

 

最近、うつ病とadhdとの関係性が話題になりつつ

 

あります。

 

 

 

まず、adhdとは年齢や発達に不釣り合いな注意不足などで

 

日常生活に支障をきたす事がある発達障害の事を指します。

 

 

 

 

しかしadhdは小児期や思春期など、比較的幼少な年齢での

 

病気と認識されていました。

 

しかし、大人にもadhdではないかと疑われる人が多数

 

出てきているのです。

 

 

 

 

そして大人のadhdの人に多く見受けられるのが、うつ病との

 

併発です。

 

 

 

 

adhdの二次的障害として、うつ病や不安障害などの精神的

 

疾患を引き起こす可能性が高いとの研究結果もあります。

 

 

 

 

大人のadhdは女性がなる確率が高いですが、仕事や家庭で物事を

 

効率良くこなせない事を悩み精神的に病んでしまったと思い

 

病院へ行くことが多いそうです。

 

 

 

 

しかし、うつ病だろうと自分で思いながら診察を受けた結果

 

adhdだと診断されるケースが増えています。

 

 

 

 

もちろん、うつ病も併発しているケースが多いためうつ病の

 

治療もしなくてはいけませんが、同時にadhdの治療も行わなければ

 

いけないという事になり結構辛い想いをしなければいけません。

 

 

 

 

adhdの治療は、一番目に心理社会的治療から行い時には薬も

 

処方されます。

 

 

 

うつ病との併発になるとうつ病の薬も処方されて、大量の薬を

 

飲むことになりますが、この事が物質依存という更なる病気を

 

引き起こす可能性もあり重要な問題となります。

 

 

 

 

うつ病の薬を始め、精神的な部分の治療では薬に依存して

 

しまう事もかなりあります。

 

 

 

 

うつ病で処方される薬は、時には副作用を伴います。

 

その上に更にadhdの薬も飲むことにより、薬を飲まなければ

 

安心できないという依存症の陥りがちです。

 

 

 

 

adhdだと自分で思う人はあまりいないと思われます。

 

しかし、その可能性がない訳ではありません。

 

 

 

うつ病で治療を行っている人で、定期的に病院に掛かって

 

いる人は気になる自分の行動や症状などを細かく医師に

 

伝える事が大切になります。


TOPへ